「不動産のクラウドファンディング」が最近流行っています。

クラウドファンディングが不動産業界にも入ってきている

最近流行していることとして、「クラウドファンディング」というものがあります。
クラウドファンディングとは「アイデアやプロジェクトを実現したい人が、インターネット上で資金を集める仕組み」のことです。
これまで事業資金を集めるには、銀行やベンチャーキャピタルなどから融資を受けるのが主流でした。
しかしクラウドファンディングでは、一般の人から資金を集めることができます。

自分の事業アイデアに興味を持ってもらうことができ、「このプロジェクトなら協力したい」と感じてもらえれば、資金提供に協力してくれる人は見つかるのです。
クラウドファンディングでスタートした事業はたくさんあり、現在も積極的に活用されています。

こうした流れの中で、不動産業界でもクラウドファンディングを活用しようとする流れが生まれてきました。
例えば不動産投資をしたい投資家が、マンションを購入したいとします。
しかしその投資家は、その購入資金を捻出することができません。

このときにクラウドファンディングで物件の購入資金を提供してくれる人を募集して、投資によって得た利益を融資してくれた人に還元するとします。
すると購入しようとしている物件が魅力的であれば、協力してくれる人が見つかる可能性は十分あります。

また、クラウドファンディングを通じて資金提供に協力する人にとって、自分で物件を購入するリスクがありません。
そのため「資金提供をする」という小さなリスクをとるだけで、不動産投資に関わることができるのです。

クラウドファンディングを通して不動産投資をする人が増えている

このようなことから、クラウドファンディングを利用して不動産投資をする人も増えてきています。
「1口1万円から不動産投資ができる」という仕組みを確立しており、誰でも簡単に投資を始めることができる体制を整えているサービスもあります。

不動産投資の業界はこれまで、取り組める人が限られていました。
物件を購入するためには大きな資金が必要で、一般のサラリーマンなどではなかなか取り組むことができません。
ローンを組めば物件を購入できるとはいえ、数千万円もするようなマンションを購入するのは、心理的に抵抗を感じてしまう人が多いのです。

しかしクラウドファンディングの仕組みを利用することで、普通の個人でも不動産投資ができる窓口が広がってきています。
すると市場がより活性化する可能性が高く、クラウドファンディングの普及によって不動産投資業界は成長することが見込まれています。

取り組んでみるのもおすすめ

このようにクラウドファンディングによって、個人でも不動産投資を行いやすい体制が整ってきています。
興味があれば、ぜひ始めてみてください。