「ホームエクスチェンジ」というのがすごい気になります。

ホームエクスチェンジをご存知ですか

最近流行しているのが「ホームエクスチェンジ」というものです。
ホームエクスチェンジとは簡単にいうと、「お互いの家を交換する」というものです。

新しい家に住み始めても、だんだん慣れてくると「別の家に住んでみたい」という気持ちが湧いてくることはよくあります。
しかし物件を解約するのは大変ですし、家を購入している場合はなおさら、その家を手放すのは難しいでしょう。

しかしホームエクスチェンジを利用すると、手軽に住む場所を変えることができます。
これは単純に違う部屋を楽しめるだけでなく、さまざまなメリットがあるものなのです。

民泊の代わりにホームエクスチェンジ

最近普及しているサービスに「民泊」があります。
民泊は「個人が旅行客などに部屋を貸し出して、宿泊料金を得る業態」です。
民泊は最近爆発的に人気となっており、さまざまなマンションやアパートで広まっています。

ホームエクスチェンジでは旅行したい2組の人が、お互いの家を交換して宿泊します。
例えば「大阪に住んでいて、東京へ旅行に行きたいAさん」と「東京に住んでいて、大阪へ旅行に行きたいBさん」がいるとします。
この場合、AさんがBさんの部屋に宿泊して、BさんがAさんの部屋に宿泊すれば、お互いにギブアンドテイクが成り立ちます。
そのため、宿泊料金を支払わずに宿を確保することができます。

ホームエクスチェンジは日本では珍しいと感じるかもしれませんが、アメリカなどでは昔からよく使われる方法として知られています。
民泊が普及することにより、あらためてホームエクスチェンジが注目されているのです。

民泊の場合、一般的なホテルなどよりは安く宿泊できるものの、それでも高く感じることがあります。
しかしホームエクスチェンジであれば宿泊費を無料に抑えることができるため、とても良いサービスといえます。

私もさまざまな場所へ出かけることが多いため、ホームエクスチェンジが気になっています。
例えば私が旅行へ行きたいときに、旅行先の人で私の家に宿泊したい人がいれば、そのひとの部屋を無料で使わせてもらうことができるのです。

ホームエクスチェンジは短期的な利用も良いですが、長期的な利用の場合、より費用を抑えることができるためお得といえます。

ホームエクスチェンジにはデメリットもある

ホームエクスチェンジにはデメリットもあり、「休みや旅行の日程が合う人を見つけるのが難しい」という点です。
インターネットが普及したことにより、ホームエクスチェンジができる相手を探すのは、以前より手軽になりました。
しかし現状でも、まだ相手を見つけにくい面はあります。
ホームエクスチェンジにはこのようなメリット・デメリットがあることを理解しておきましょう。