地価上昇で不動産投資が地方へ拡大

地方にも不動産投資が広がっている

不動産投資をする人は主に東京など、関東圏にあるマンションなどを購入対象とすることが多いです。
しかし最近はこの流れが変わってきており、地方の物件に投資する人も増えてきています。
これは、東京だけでなく、地方の地価が上昇しているためです。

東京は日本の中心都市として大きく発展してきました。
そしてこの成長に伴い、地価は大きく上がっています。
そのため東京の地価が高すぎると感じる投資家が、地方の物件を購入するようになってきているのです。

地方の物件であっても、人気のあるマンションやアパートはあります。
しっかりと収益性を見極めれば、地方の物件でも投資する価値はあるのです。
また、東京よりも割安で物件を購入することができるため、知識や経験のある投資家からすると、地方の物件は「お買い得」といえるのです。

地方も大きく発展してきている

また、地方も最近は地価が上昇してきています。
東京ほどではないにしても、特に福岡、岡山、大分などでは大きな地価上昇が見られます。

福岡は日本全国の中でも、トップクラスに住みやすい街として知られています。
確かに福岡を訪れると、空港から福岡の街中まで、電車で10分ほどしかかかりません。
そのため他の地域から福岡に来ても、すぐに都市部へアクセスすることができます。

また、福岡は中規模都市として賑わっており、周辺には別府や湯布院などの観光スポットもたくさんあります。
生活に必要な店などが揃っており、さらに遊ぶためにも良い施設がたくさんあるため、福岡は人気となっているのです。
このようなことから、福岡の地価が上昇するのは自然なことといえます。

また、福岡の人気に伴い、大分の地価も上昇しています。
今後大分は、より発展することが予想されます。

東京が発展することで、こうした地方の都市も大きな発展を遂げてきています。
そしてこうした成長に目をつけた投資家が投資をする流れができており、地価が上昇しています。
今後もますます、「大都市から地方」という流れで、地価上昇が続くと予想されます。

特に主要な駅周辺の地価は大きく高まっており、それだけ人気のあることが分かります。
不動産投資をする上で、こうした場所にある物件は非常に魅力的です。
購入にかかる費用と収益性のバランスを考えて、投資する必要があります。

今後も地方の地価は上昇する可能性大

このように地方の地価は上昇傾向にあり、今後もこの流れは続くことが予想されます。
不動産投資をすでに始めていたり、これから始めたりする場合には、地方の物件に注目してみるのもおすすめです。
私もこれからは、地方のマンションなどを中心にチェックしようと考えています。