本業を疎かにするべからず

初心者は特に注意したい事

これから不動産投資をやってみようと考えている方に知っておいていただきたいことはたくさんありますが、本業を疎かにするべからずという点を忘れないで欲しいと思います。アパート

いきなり本業として不動産投資一本でやっていこうという方は少ないはずです。
よほどの財力を持ち合わせているなら理解できますが、恐らくほとんどの方は将来的に不動産投資だけで頑張りたいという目標を持ちながら本業の仕事と兼ねて不動産投資を行うはずです。

実際に様々な職業を本業としている方が、不動産投資を行ってそれぞれ結果を残していることからも、兼業の不動産投資家がとても多いと考えられます。

不動産投資の結果を出し続けて本業としていた仕事を辞めても大丈夫かなと安心できるレベルに達するまではかなり時間がかかりますし、お金も必要になります。

だからこそ、本業を疎かにしては絶対にいけないのです。

不動産投資は信用が大事

人生の中でも大きな買い物という位置付けで、一般の方でもなかなか購入に踏み切ることができない不動産を、投資目的で購入するのは決して簡単なことではありません。

高額なものでも多少頭金を確保しておけば後は住宅ローンを利用したら良いと考えている方も多いですが、そんなに単純な話ではないのです。

確かに投資目的の不動産を購入する場合に住宅ローンを利用することも可能ですが、金融機関では誰にでも、どんな物件に対してでも融資をするとは限りません。

貸したお金に対してしっかり返済できるのか、社会的な信用を得ている人物なのか等の点を考慮しながら融資対象にするべきかを決定しています。

あくまでも金融機関は本業で堅実な収入を得ており、問題なく返済できると判断できた方に対して融資を行っているのだと考えられるため、最初の不動産投資で成功できたから本業をいきなり辞めてしまって大家一本でやっていきたいと希望する方に対してはまともに取り合ってもらえない可能性が出てきます。

最悪のケースとしては融資対象とみなされずに審査が下りない可能性も濃厚になります。
不動産投資を成功させるためには、不動産の購入資金を融資してくれる金融機関との関係を良好に保たなければいけません。
そのためにも個人的な信用を常に維持することが一番大切になるのです。

そうすると、いつまでも不動産投資は兼業という立ち位置でなければいけないのかというと決してそうではありません。

不動産投資でも実績を重ねて、本業として申し分ないほどの収益を得ることができている場合については思い切って大家一本で頑張っていくことも選択肢に入れて良いでしょう。

この域に達するまでにはそれなりに時間が必要になるでしょうし、社会的信用を得る実績を重ねなければいけないので、地道に努力を重ねることが必要になります。