1位 西宮北口

関西圏でナンバーワンの人気都市

毎年大手不動産会社7社が共同で調査している「住んでみたい都市」アンケートで、毎年上位に登場してくる都市の一つが「西宮北口」です。

西宮市は関西地域では政令指定都市である大阪市・京都市に次ぐ大きさの都市であり、中核市としては人口約48万人とかなりの規模です。

西宮市内には西宮北口の他に夙川という同じく住みたい都市として大人気のエリアがあり、兵庫県内でも住環境における中心的な役割をしています。

西宮北口には阪急電鉄の阪急神戸本線と今津線が乗り入れており、大阪方面と神戸市とのちょうど中間地点であるとともに、兵庫県内陸部の宝塚方面にも列車が通じる連結駅としての役割もしています。

阪急線の他にも市内に幹線道路が細かく敷かれていることから非常に交通の便はよく、大阪、神戸、宝塚へそれぞれ約10分程度でアクセスをすることができます。

西宮北口のランドマークになっているのが「阪急西宮ガーデンズ」で、これは西日本最大級のショッピングモールとして兵庫県内のみならず関西圏から多くの人を集めています。

駅周辺は比較的土地利用に余裕があり、超大型施設を有する駅というわりには自然も豊富でスペースのある町並みの印象となっています。

西宮北口~夙川に住むという魅力

関西圏の商業的中心地はやはり大阪市です。
ただし都内と比較して関西圏はそれほど県境が強く意識されることはなく、隣接県である兵庫県や京都府、奈良県、滋賀県などからも大阪へ通勤通学をする人が多く見られています。

そうした意味で人口密集地で地価も高い大阪に住むよりも、あえて郊外の広々としたところに住みたいという人も多くおり、そうした人たちから西宮北口は選ばれています。

西宮北口より駅一つ西側に向かったところにあるのが阪急夙川駅で、こちらはすぐ南側にJR東海道本線の「さくら夙川駅」があるということからもう一つの西宮市の人気居住エリアとなっています。

居住地域として特に人気が高い場所は西宮北口より西北に進んだ場所で、西宮七園の一つである「甲風園」とされるところは中でも高級住宅街としての知名度があります。

西宮北口から夙川までの間には高層マンションもいくつか建築されており、借りたいという人に対しての部屋数は若干余裕があるという状態です。

そのため築年数が古く安い価格で入れるところから、新築で広い最新式の間取りの高級マンションまで自分のライフスタイルによって部屋を選ぶことができるようになっています。

平均的な家賃相場というところで比較をすれば大阪の中心地である梅田や神戸三宮といったところよりはかなり割安で、そうした部分を狙って移住をするというのも一つの選択肢になっています。