住居系と店舗、事務所系

初心者向けの物件はどちら?

投資する物件は住居系と店舗、事務所系という種類に大別することができます。オフィス

一般的には住居系を投資物件として検討する方が多い中で、住居系以外にも店舗や事務所系を投資物件として探している方もいます。
初心者向けとされているのは住居系ですが、慣れてきたら店舗や事務所系にチャレンジすることもおすすめです。

参考:住居系不動産と店舗・事務所(商業系)不動産の違いとは

それぞれの違いを比較

住居系と店舗、事務所などいわゆる商業系の物件について比較をしてみると、なぜ初心者向けが住居系だと言われているのかがよくわかります。

住居系の物件については入居者が安定しやすいため空き室が発生するリスクが少ないことが大きなメリットになると考えられます。

不動産投資を行ううえで大切なのは、安定した家賃収入を確保することです。
入居者が存在していない空き室の状態では、いつまで経っても収入を確保できないため当然ながら投資した分を回収するどころか維持費がかさんで赤字がどんどん増えていく一方です。

住居系物件の場合はよほど物件の状態が悪い、立地条件が悪いなどの条件が重ならない限りは入居率が安定しやすい傾向があります。

その反面で店舗や事務所の場合は入退去が安定しない特徴があります。
仮に業績が良い会社の事務所が入居している場合は長期間に渡って安定する可能性もありますが、スペースが手狭になってくると他の物件を探して退去される可能性も高くなります。

もちろん業績が悪い場合にはいつまでも営業し続けるわけにはいかないのですぐに退去されるでしょう。
物件によってはニーズに合わない立地条件や間取りになっているケースも多いため、一旦空き室になったら次に入居する事業者がなかなか決まらない事も多いです。

入居率の安定性で考えた場合は、圧倒的に住居系に軍配が上がります。

店舗や事務所系のメリットとして考えられることは、利回りが良いことです。
住居系と比較すると家賃は圧倒的に高額になるため、良い事業者に入居してもらうことができれば抜群に良い利回りが期待できる事が大きなメリットになります。

住居系物件ばかり抱えていてもなかなか思っていた利回りを得られないと嘆いていた人が、店舗や事務所系物件への投資にチャレンジしてみたところ、あっけなく住居系の利回りを抜いてしまったというケースもあります。

しかし、安定した利回りを得られるという確証はないため、失敗するリスクも高いことを十分把握しておく必要があります。
やはり初心者は不動産投資に慣れるという意味でもリスクの少ない住居系から挑戦した方が良いと考えられます。

ある程度経験を重ねたうえで、物件の良さを見極める実力がついてきたら利回りが良い可能性が高い店舗、事務所系物件を検討してみましょう。