新築マンション

メリットが大きい!のは嘘?

不動産投資を行う際にメリットが大きいと言われているのが新築マンションです。マンション
実際に始めて不動産投資に挑戦するという人が注目している物件の多くは新築マンションである場合が多いそうです。

実際に投資向けの新築マンションを販売している会社の宣伝文句を聞いているとメリットが大きいと感じるため、魅力的だなという印象を受けるかもしれません。
しかし、販売会社が謳っているメリットばかりを重視し過ぎずに、もう少し冷静になって考えてみましょう。

参考:新築投資用ワンルールマンションは本当にメリットがあるのか?

頭金ゼロでもOKなのはメリットか?

新築マンションに不動産投資する場合、頭金がゼロ円でも良いので自己資金がない人でも気軽に始めることができることをメリットとして考える方も多いです。

確かに自己資金を確保できないという方にとっては良いかもしれませんが冷静になって計算をしてみるとさほど大きな利益を得られない場合が多いと言われています。

高額な物件を頭金ゼロ円で購入するというリスクは決して低いものではありません。
利用できる住宅ローンも金利が高めに設定されている場合が多く、しかも変動金利型の場合が多いため思っていた以上に高い利息を支払う必要があるかもしれません。

住宅ローンの返済以外に税金を支払う必要がありますし、修繕費などの積立金も確保する必要があります。
最悪のケースとしては家賃収入だけでは全ての経費をまかないきれないため、収益どころか赤字になってしまうことも考えられるのです。

せっかく投資をして利益を得ようと考えていた物件が、むしろ自分を苦しめる結果になる場合があることも考えておきましょう。

場合によっては中古メンションが良い事も

新築マンションを購入してメリットを得たいという場合には、住宅ローンを利用しないで一括現金支払いをする場合です。
万が一マンションを手放すことになった場合には中古マンションよりも高値で売却できる可能性が高いからです。

完全に自己資金がゼロまたは少額で新築マンションを購入したいと考えている場合は、長期的に利益を確保できるのかをしっかり計算して検討することをおすすめします。

良い物件があれば中古マンションでも新築マンションよりも高い利回りを期待できる場合があります。

ただし中古マンションの場合は新築マンションよりも住宅ローンの借り入れが厳しい場合が多いため、どうしても一般の金融機関で難しい場合にはノンバンクを利用するという選択肢も考えられますが、早めにローンを返済することを考えた場合には新築マンションよりも効率良く利益を確保できることも予想できます。

新築マンションか中古マンションのどちらかで迷った場合には、最終的に得られる利益をしっかり計算して購入の判断をしてください。