区分所有、一戸建て、一棟もの

物件の違いをよく見極めましょう

不動産投資を行う際にはどんな物件を購入するべきなのか迷うものですが、それぞれの物件によって異なる特徴があるため人によって得意不得意と感じる場合があります。マンション

大きく分けると区分所有、一戸建て、一棟ものという3種類に分けることができます。

初心者にとっては見極めが難しい部分も多いですが、しっかりと特徴を把握していることで余計な失敗を防ぐことができるので、ぜひそれぞれの特徴を確認してください。

区分所有

不動産投資はどうしても高額な資金が必要になると考えている方も多いですが、マンションの一室だけを購入して第三者に賃貸するという方法ならかなり敷居が低く感じられるはずです。

区分所有とはマンションを丸ごと一棟購入するのではなく、一室から購入できる敷居の低さが大きなメリットになります。

初めて不動産投資をやってみようと考えている方の中には中古マンションの一室を安く購入して賃貸することで家賃収入を得ながら次の物件を探すというケースが多いようです。

デメリットとして考慮しておきたいのが、将来的には老朽化に伴い建て替えする可能性があることです。
早い段階で購入価格以上の利回りを得ることができるかをしっかり見極めて購入を検討することをおすすめします。

一戸建て

どちらかと言えば単身者向けではなく、ファミリー向けの物件になります。
最近は一戸建てを簡単にリフォームしてシェアハウスとして賃貸物件にするケースも増えています。

中古物件の場合は比較的参入しやすい価格で購入できることから、初心者向けだと思われがちですが物件の状態をしっかり見極めることが大切です。

場合によっては築年数が浅くても予想以上に痛みが激しくて、大掛かりな改修工事が必要になる場合もあります。
購入価格以上に改修工事費用が発生したため、これなら最初から新築物件を購入した方が良かったと後悔する事例も多いそうです。

物件の見極めが難しいと言えますが、比較的利回りが良くて早い段階で購入時の費用を回収できる可能性が高いため、良い物件が出た場合には早めに確認することをおすすめします。

一棟もの

マンションやアパートをそのまま一棟購入して管理することになります。
ある程度不動産投資に慣れた方でなければ難しい面もあると言われていますが、管理については専門の会社に依頼するという場合にはかなり楽になるでしょう。

利回りについては最も効率が良い物件の種類だと言えますが、購入時の金額がどうしても高額になるため資金計画をしっかり立てなければいけません。

また、物件の老朽化に伴いどの程度の修繕が必要になるのかもあらかじめ試算しておくことが大切です。
リターンが大きい反面でリスクも伴いやすいため、慎重に物件選びをしてください。