株と不動産を比較する

個々によって考え方が異なる

お金を投資して資産形成を行う方法は世の中に色々存在していますが、今回は株と不動産を比較してそれぞれの違いを確認してみましょう。金

どちらも投資を行うことで利益を得るのが目的になりますが、株は投資した時の価格と現在の価格がどの程度値が上がったのかというタイミングに合わせて売買をして利益を得るのに対して、不動産は購入した物件を賃貸することで家賃収入を得て購入時の価格に対してどのくらいの割合の利益を得たのかという考え方の違いがあります。

一般的には株はキャピタルゲインと言われており、所有している資産が値上がりすることで利益つまりリターンを得るのに対し、不動産はインカムゲインと言われており、資産を所有することで安定して現金収入を得ることを言います。

バブル期には不動産価格の変動に応じて売買をすることで利益を得ていた人も多かったため、キャピタルゲインの要素が強かったものですが、現在では賃貸物件向けの不動産を購入して家賃収入を得るインカムゲイン目的の方が圧倒的に多いです。

参考:インカムゲイン、キャピタルゲインとは何ですか?

株と不動産は利益を得る方法が根本的に異なるため、どちらが良い投資法なのかは一概には言えない部分も多いです。
投資の初心者は株の方が良いと言う人もいれば、不動産の方が間違いなく良いという人もいます。

どちらもタイミングが大事

株と不動産は異なる投資法になりますが、共通しているのはタイミングが重要になるということです。
株は売買のタイミングを見極めるのが非常に難しく、大きな利益を得ようとしていつまでもタイミングを見計らっていると、せっかくのチャンスを逃してしまう事がよくあります。

株価の動きを眺めているだけではタイミングを掴むのは難しく、世の中の動向や世界的な経済状況も総合的に判断した結果でタイミングを見極めなければいけません。

不動産も同様で、良い物件があればぜひ購入したいと考えている投資家はたくさん存在しているため、ライバルに負けないように良い物件を効率良く探さなければいけません。

せっかく良い物件を見つけても、購入のタイミングによっては先に購入されてしまう可能性があり、あまり焦って購入しても悪い物件を掴んでしまう可能性があります。

いずれにしても確実に利益を得られるものではなく、リスクが潜んでいる事は間違いありません。
株はリスクが大きくてリターンも大きい、不動産についてはリスクが少なめでもリターンも少なめという特徴があるため、どちらを選択するべきなのか難しい面もあります。

それでも投資初心者にとってはできるだけリスクが少ない方が良いと考えられるため、不動産の方が良いのではないかと言えます。

ただ、勘違いしてはいけないのがリスクは少なくても決して簡単に利益を得られるものではないのでしっかり勉強が必要になります。