現金投資と借入投資

それぞれの良い点、悪い点を比べてみる

不動産投資を行うためには物件の購入資金を確保しなければいけません。札
大きく分けると全額自己資金を投資する現金投資と、購入資金のうち一部を住宅ローンにする借入投資のどちらかで選択することになります。

それぞれメリットとデメリットが存在しているため、違いをよく見極めながら自分にとって最適な投資方法を選びましょう。

現金投資の場合

現金投資で物件を購入するメリットは、利益の確保に集中できることです。
税金や修繕費などの経費を差し引いた全ての家賃収入は利益として確保できます。

安定した家賃収入を確保しながら、次の不動産投資の計画を立てることができるようになります。

デメリットとして考えられることは、購入できる物件に限りがあることです。
自己資金をどのくらい用意できるのかによって異なりますが、あまりにも高額な費用を準備することができない場合には安い物件しか購入できません。

物件が安いということは、家賃も相場より格安に設定しなければいけない事も想定されるほど古い場合やワケありの事故物件の場合も考えられます。

あまりにも古い物件の場合にはリフォームが必要になる事も考えられるため、リフォーム費用まで考えると更に予算が絞られてしまうことも予想されます。

ある程度は自己資金を確保していなければ選択することすら難しいと考えられます。

借入投資の場合

不動産投資は全額自己資金を確保していなくてもチャレンジできるメリットがあります。
特に新築物件の場合は条件を満たしていると頭金ゼロでも住宅ローンの借り入れをして投資できる可能性もあります。

つまり、自己資金が少額またはゼロでも不動産を取得できるのが大きな利点です。

逆にデメリットになるのは、融資を受けているということは借金をして投資をしていることなので、場合によっては破産のリスクも抱えることになるということです。

家賃収入を見込んで不動産を取得したのに、なかなか入居者が決まらずに空き室状態が続いているという場合でも毎月住宅ローンの返済をしなければいけません。

すぐに入居者が決まるものだと見込んで不動産を購入したのに、立地条件が悪すぎたとか家賃が相場よりも高すぎたなどの理由でなかなか入居者が決まらない場合には、いつまでも家賃収入を確保できないため住宅ローンの返済だけが続くことになります。

入居者がいないので返済できませんというのは理由になりません。

最悪の場合、住宅ローンの返済ができないまま数ヶ月過ぎると、せっかく取得した不動産が担保として差し押さえられてしまい手放さなければいけない状況になります。

更に、住宅ローンの借入額から差し引いた金額が更に残債として残り、そのローンも返済し続けなければいけないことも考えられます。

借入投資を行う場合にはしっかりと返済計画を立てて、確実に赤字にならない物件を考えて購入しましょう。