家賃滞納の問題

大家として頭が痛い問題

家賃収入を得ることで利益を確保できる不動産投資は、入居者が家賃を支払ってくれることで成り立つ事です。玄関

本来であれば契約時に決めている期日までに家賃を支払ってくれるべきなのですが、諸般の事情で家賃の支払いが遅れがちになる入居者が存在しているのも事実です。

2~3日程度遅れる程度であれば問題ないのですが、場合によっては1ヶ月や2ヶ月も平気で遅れて支払ってくる人も存在しています。

家賃滞納の問題は大家にとって最も頭が痛くなる問題でもあるのです。

実際に起こった事例

これは私が実際に体験した事例なのですが、自宅をフルリフォームする数ヶ月間だけ入居したいという老夫婦の話です。

その時は入居者から私の口座へ直接入金されるものではなく、入居者は管理会社へ入金をして、管理会社が私の口座へ入金するという形になっていたので気付くのが遅れていました。

きちんと入金されていなかったので話を聞いてみたところ、どうやら敷金で1ヶ月分の家賃がまかなわれているものだと勘違いをしていたことから家賃を支払っていなかったという話でした。

敷金を家賃に充てることができないという説明はきちんとしているもので、入居者もきちんと理解して納得しているはずだったのに、しっかり説明を聞いてくれていなかったのかとぼけて忘れたフリをしていたのか今となってはわかりません。

いずれにしても、1ヶ月分の家賃が滞納になっている事実を説明したところ納得してもらい、きちんと支払ってもらうことができましたが、何となく嫌な思いが残る結果になりました。

家賃滞納を引き起こさないための対策

少なからず、家賃滞納の問題は大家をやっているといつでも発生し得る問題だと考えています。
こちらとしてもできるだけ督促を入れるのは嫌な気分になるものですが、はなから入居者を滞納するかもしれないと疑いながら見定めるのも嫌なものです。

どうしたら良いものかと色々考えた結果、私が選択したのが家賃保障会社を利用することです。

参考:家賃保証会社

保障会社を利用することで入居者に連帯保証人を付けてもらうことがなくなったのが良かったのではないかと思います。
大家の立場としては、やはり家賃滞納のリスクが軽減されたので安心して入居してもらえるようになりました。

保障会社に対しては保証料を徴収してもらうことになりますが、大家としてはこれで家賃滞納の心配から開放されると思うと気が楽になったものです。

ただし、保障会社も倒産するケースが増えているそうなので、せっかく保障してもらっても倒産されてしまっては意味がありません。

信頼できる保障会社を選ぶことも大切なので、どこが信頼に値するのかをよく見極めながら冷静に判断しなければいけないでしょう。