これから不動産投資を始める方へ

しっかり目標を定めることが大事!

これから不動産投資を始める方へ伝えたいことが一つだけあります。小銭
それは、しっかりと目標を定めることですが、あくまでも達成できる目標にすることです。

明らかに達成まで何十年もかかりそうな高すぎる目標にすると、なかなか達成できない自分に苛立ちを感じて目標を見失いかけることもあります。

確実に達成しながら最終的に大きな目標に向かっていくためにも、まずは自分が達成できる目標に設定することが大事なポイントになります。

目標設定の例

あくまでも参考にしていただくために、私が不動産投資を始めた頃に設定した目標をご紹介します。
私はサラリーマンとしての収入を確保しながら不動産投資を始めることにしましたが、最終的にはサラリーマンを辞めて不動産投資で得た収益だけで生活することを最終目標に定めていました。

しかし、現実的にはいきなりこの目標を達成するまでには何年かかるか見当もつかない話です。
そこで、まずは現時的に達成できそうな目標から設定することにしました。

不動産投資をすることを決意してから一年目の目標としては毎月10万円の家賃収入を確保するという設定にしました。
物件の購入費用は全額自己資金ではなく、一部住宅ローンの借り入れもあったので返済に充てなければいけない部分もあったので収益として毎月5万円確保することを目標にしていました。

この金額であれば決して無理ではないと考えたのですが、実際には購入した物件が思っていた以上にお手頃でリフォーム代金もさほどかからなかったことから、以外とあっさりと目標にしていた収益を確保できました。

そこで次の目標としては単純に倍の毎月20万円の家賃収入で10万円の利益を得ることを目標にして、達成できたら更に倍…というように徐々に目標を高く設定してくようにしました。

もちろん期限も設定し、2年後までに、5年後までにという設定をすることで多少なりとも自分へのプレッシャーをかけることも忘れませんでした。

目標を達成する喜びを知ることで、また新しい目標を達成するために努力するモチベーションを維持し続けることにも役立ちました。

常に努力を忘れないことも大事!

目標を確実に達成するためには、それなりに努力も必要だと考えています。
大家業は簡単なように感じられるかもしれませんが、思っていた以上に大変に感じる事も多いです。

例えば入居者からのクレームがあった場合の対応は、大家として責任のある対応をしなければいけないためあらかじめ考えておく必要もあります。

常に成功ばかりではなく、失敗するリスクも考えなければいけないため、他にも不動産投資を行っている人と情報を共有しながら常にアンテナを張っていることも大切です。

地道な努力を重ねながら、一歩ずつ着実に大きな目標達成に向けて頑張ることが必要です。