不動産投資のデメリット・リスク

不動産投資を始める前に知っておきたいリスクとは

他の金融商品と比べて安定的な利益が望めることから注目を受けている不動産投資ですが、完全に利点ばかりというわけではありません。

どんな投資方法でもそうですが「投資」をしていくということは必ずリスクとリターンの両方が存在しますので、実際に投資を開始するよりも先にまずどういったリスクがあるかということをしっかり把握しておくことが大切です。

不動産投資におけるリスクは確かに存在していますが、事前にその発生原因を理解しておくことによりリスク対策をしていくことは十分に可能です。

不動産投資におけるリスクをいくつかに分けると「運営上のリスク」「管理上のリスク」「予測不可能なリスク」として分類できます。

「運営上のリスク」というのは簡単にいえばお金の借り入れとその返済に関するリスクのことです。
不動産投資は最初に物件を購入するときに住宅ローンなどを利用して非常に多額の金額を調達しますが、それを順調に返済満了まで支払い続けるのはなかなか大変なことです。

当初目標としていた家賃収入を得ることができなくなるなど資金調達がうまく行かなくなり利益が出る前に手放さざるを得なくなってしまうということもありえます。

次の「管理上のリスク」というのは実際に入居者を入れた場合に発生しうるトラブルです。
住民同士のケンカや迷惑な入居者、器物の破損といったことにより著しく資産の価値が落ちてしまうということもあります。

最後の「予測不可能なリスク」というのは自然災害や火災といった物件に起こる対応が難しい被害のことで、順調に行っていた物件管理が災害により一瞬にして無に帰してしまうということもあります。

それぞれのリスクに対応していくための方法

不動産投資におけるデメリットは上記の3つのリスクが存在しているということと集約できます。
そこであらかじめそれらのリスクにはどう対応して行くべきかという基本的な項目をまとめてみます。

まず「運営上のリスク」ですが、これは最初に不動産購入と運営にかかるコストをしっかり計算しておくということが最大の対策になります。
不動産の購入は数千万円単位の非常に大きなものであるので、ついつい数万円~数十万円くらいの金額はざっくりどんぶり勘定ですませてしまいがちです。

しかし物件を購入するときの税金や、その後毎年かかってくる税金、かけておくべき保険料といったものに加え、管理にかかる費用や将来の修繕・建て替えのための積立などきっちりシミュレーションをしておかなければ、もしもの資金調達の滞りが起きたときにどのくらいの金額を用意すればよいかがわかりません。

「管理上のリスク」や「予測不可能なリスク」についても同様で、もしものときのことを考え過去の対応事例を積極的に学んでいく必要があります。