不動産投資のメリット

比較的安定的な収益が期待できる投資先

不動産投資がここ近年急激に注目を受けるようになってきた理由の一つが、安定的なリターンを得やすい長期投資に向いた方法であるからです。

好景気で経済成長が進んでいる時期であれば、投資方法として主流となるのはキャピタルゲインを目的とした買値と売値の差額を利益とする積極的な売買です。

しかし現在のように不景気が長引き経済成長が低迷している時期においては、買った資産が時間によって値上がりを期待するのは難しく、場合によっては大きく値を下げてしまうことも考えられます。

そこで現在一般的に行われている不動産投資方法は、そうした値上がりをしてから売却をするということ自体を期待するのではなく、買ったものを長く保有しながらそこから生まれる価値を利益にしていこうというものです。

その場合の対象となるのはビルやマンションなどの内部を特定の目的で使用することができる大型物件で、それらのオーナーとなることで入居者から毎月の家賃収入を得ることができます。

株式や為替などの金融と異なり、不動産の場合は購入した品物そのものに資産としての価値がありますので、仮に金融不安などがあっても完全に価値がゼロになることはなく、必要がなくなったときにはその資産価値に応じた売却をしてお金にするということも可能です。

不景気で先が見えない時代であるからこそ、確実に目に見える資産として自分のものにできる不動産というのはまさに最適の投資方法と言えます。

資金調達が容易で税制上の優遇措置もあります

実際にそのものが資産として残る不動産は、金融商品と異なる多数のメリットがあります。
例えば、これから金融商品である株式や為替、保険商品を購入しようとする場合、それを目的として銀行などの金融機関から融資を受けるというのは大変難しいことです。

しかし不動産の購入を目的とする場合、住宅ローンという一般的な借り入れよりも安い利率で多額の金額を長期返済によって調達をすることができます。

もちろん住宅ローンを利用するには安定的な収入や職業などといった審査条件は必要になりますが、それでも初期投資金額を融資によって受けることができるというのは大変な強みになります。

また、実際に不動産を購入してそこから家賃収入を得ていく場合、そこで発生する利益は「不動産所得」として所得に計算をされることになります。
しかしながら物件を購入したばかりのときというのはローンの返済や管理費などによって赤字になってしまうことが普通です。

そこで発生した赤字分を確定申告で計上することにより、勤務先から受ける収入分から所得税を減額することができます。
不動産投資をする人の多くは30~40代の会社員や公務員ですが、それもこうした投資初期に発生する損失リスクに対応ができるからです。